透明水彩ステイン

視覚スクリーニング検査を導入しました

ここ数年、子供たちの成長を見守っていて、もっと早く眼科的なケアができた ら・・・という経験を何度かしました。 視力障害は小さい頃はわかりにくいことが多いです。早くにわかってあげること で、学習障害だと誤解されたりすることを防ぐことができます。

例えば・・・

  • テレビや絵本をみるときに目を細めたり、首をかしげる

  • つまずきやすい、転びやすい

  • テレビを見る位置が異常に近い

  • 絵や物を見間違えることがある

  • 階段を異常に怖がる

こんな症状があれば一度ぜひ検査を受けてください。


視覚の発達について

【視覚スクリーニング検査】 検査費用

(保険適用外)1回 1000円

使用機器

「スポットビジョンスクリーナー」 薄暗くした室内で検査機器から1メートルほど離れ、カメラで撮影することで検査します。わずか一秒の測定時間で両眼を同時に検査できます。


検査結果例


1秒間見つめるだけで検査できます

97%の成功率で、以下をスクリーニングできます。

  1. 近視:焦点が網膜の手前にある状態で 、 遠くを見るとぼやけますが 、 近くはよく見えます 。

  2. 遠視:焦点が網膜の後ろにある状態で 、 遠くのものも 、 近くのものもはっきりと見ることができません 。

  3. 乱視 :焦点が 2 カ所以上に分かれている状態で 、 像がぼやけます 。 主な原因は角膜や水晶体の歪みです 。

  4. 斜視:物を見ようとする時に 、 片目は正面を向いていても 、 もう片目が違う方向を向いてしまっている状態です 。 片目が正常な位置になる時にもう片目が内側を向いてしまう内斜視 、 外側を向いてしまう外斜視 、 常に斜視が存在する恒常性斜視 、 時々斜視の状態になる間歇性斜視があります 。

  5. 不同視:左右の視力に著しい差があると 、 視力の良い眼で物を見ようとして 、もう片方の眼を使わなくなります 。

  6. 瞳孔不同:左右の瞳孔の大きさが違う状態です 。 脳腫瘍 、 脳内膿瘍 、 髄膜炎 、頭蓋内出血 、 動脈瘤などが原因になります 。1 秒間見つめるだけで検査できます。

閲覧数:380回